炭酸水によって内臓脂肪を減らせる?

炭酸水で実は内臓脂肪を減らすことが可能になります。単純に炭酸水によって満腹感が得られるから食事量が減るからとかそういう理由ではなく、>胃や腸の血管を炭酸水によって酸欠状態にして血行促進させる効果によるものです。これによって内臓脂肪が溜まりにくくなるという仕組みになります。そのことについて具体的に説明します。

 

この炭酸水の泡に実は秘密があるのですが、そもそも人間は3分の2が水分で出来ているというのは聞いたことがあると思います。この水分は動くことによって失われていきますので定期的な水分補給が必要になります。水分が体内から少なくなると代謝の低下によって内臓脂肪が蓄積されやすくなります。

 

この水分補給をする際に炭酸水を飲むのがオススメですが、炭酸水は水分補給だけではなく酸素の供給量の増加や血管拡張などの効果があります。この理由は泡にあり、炭酸水の泡である二酸化炭素は粘膜に触れて体内に吸収されて血管に入っていきます。そうなると血管が酸欠してしまいますので、酸素をより送るようになり血流がよくなるということです。

 

さらに血管だけではなく胃や腸にも影響します。内臓周りの血管の血流がよくなると胃腸の消化機能が高まります。そうなると食事誘発性体熱産生によってエネルギー消費の向上、そして内臓脂肪が減るということになります。もちろん炭酸水を摂取することによって、満腹感を得やすくなりますので食事の量も減ってダイエットに繋がるでしょう。