資格を取得したほうが転職で有利になる?

転職をしたいと思っている企業で仕事をしやすくなるための資格を取得しておいたほうが、転職で有利になりやすいです。ただし、最近は資格所有者よりも実務経験を持っていて、即戦力になる人材を求めている企業も少なくありません。ですから、資格を取得していないとしても、実務経験をしっかりと積んでいる人のほうが採用される可能性は高いでしょう。

 

ただ、誰でもできるような仕事内容ではなく、専門知識が必要になる職業なのであれば、資格を持っていることが前提になっていることもあります。専門職に転職をしようとしているのであれば、資格を持っておいたほうが間違いなく有利になるでしょう。

 

それに、資格を持っていない人と取得をしている人を比べてみると、人事担当者への心象にもかなり栄光を与えることになることもあります。

 

もし転職を希望しているのであれば、自分が働きたいと思っている企業がどのような資格を持っている人を求めているのかを考えるようにして、資格を取得しておいたほうが就職しやすくなる場合もあります。資格を持っておくことによって、自己PRをしやすくなりますし、資格手当を支給してもらうことができるようになることだってあるのです。